詳しくはMS公式HP で!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年12月29日

AGM エアーコッキング M14 分解メモ

こんにちわ。らんちゅうです。

今年も(自分は)あと一回のゲームを残すのみとなりました。
やり残したことは、来年に繰り越しましょう。

さて、世間ではM40が話題のようですね。
自分はM40よりM14の方が好きですが。
というわけで、一部で話題のエアーコッキングM14。
遅まきながら、その実態に迫ります。


いざ開封(+とりあえずレールつけてみたw)

箱にはSNIPERRIFLEの文字
福袋に入る伏線かな?


初速表示。ところで左下の80ってなんですかね?


まあ、書いてあるんだからそうなんじゃないっすかね


付属品&説明書

M2は賑やかし
ライトはマルイのCQフラッシュ位の明るさ
M2の右にいるドライバーも付属品なんだが、これ一本で完全分解できる


マガジンはシングルカラム、33発までは入った(筆者調べ)
これ以上詰めようとするとマガジン前部が開いてくるw
本体への取り付け方法により、マルイ系マガジンとの互換は無い
そして鉄の棒


ストック比較 右はマルイ、左がエアコキ
うん、薄々感づいてはいたけど、そのままじゃ乗せ換え出来んわw
エアコキEBRとかやりたかったんだが、大手術になっちまう


なんかストックのケツがやたら重いと思ったら、
鉄の棒再び


ふといのが縦に2本も入ってる


ガスブロック周辺を展開
アウターバレルは鉄


上:ホップ調整ネジ
下:リアサイト
リアサイトはやけに気合いの入った構造
SNIPERRIFLEだからね


いよいよ本体なんだが・・・
インナーバレルを取り囲む鉄の棒の群れ
もういいよ・・・
鉄の棒全部抜いたら、本体とストック合わせて1.2㎏しか無くなったぞ


Simple is Bestを地で行くような構造
それでいて二重装填しないようになってたり、
安全装置掛けてるとコッキングしきれなくなったり、
一応やることはやってる

バネはマルイ系電動とほぼ同じ太さなんだが、
ピストンのOリングがやや小さいせいで使い回せない

チャンバーは・・・写真撮り忘れた
電動との互換性はバレルも含めて微塵も無し
とりあえずVパッキンだった

グリス塗りなおして初速計ったら75m/sしか出ない(0.2g)。
バネのレートからして、なんかヘマしてる可能性が高いが・・・
ま、しばらくこのままでいいや。  
タグ :M14整備


Posted by MS  at 14:34Comments(0)らんちゅう

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE